LINEスケジュールのやり方!LINEでメンバーのスケジュール調整が便利!

LINEスケジュールのやり方

先日、LINEの機能の1つ「LINEスケジュール」を使いました。

久しぶりに使いましたが、複数人の日程調整をするにはやっぱり便利だなと思いました。

スポンサーリンク

LINEスケジュールとは

LINEスケジュールは飲み会、バーベキュー、ボーリング大会、会議などのイベントリストを作成して、メンバーの出欠席の状況をリスト管理出来る機能です。

僕は今回、10人程の日程調整で使いました。

LINEスケジュールのやり方

ノートに保存される為、メンバーの返事がトークで埋もれる事がなくなるので便利です。

LINEスケジュールリスト作成方法

LINEスケジュールのリスト作成はとても簡単です。

順番に説明していきます。

作成方法の手順

①「LINE App」に入り、「LINEスケジュール」をタップする。

LINEスケジュールのやり方

②「イベント追加」という項目が現れるのでタップし、「イベント名」と「イベント内容」を入力して、「日程選択」をタップする。

LINEスケジュールのやり方

カレンダーが表示されるので、イベントを計画したい予定の日を選択したら「決定」をタップする、そして「メンバーの追加」からメンバーを指定する。

ここで便利なのがすでに作ってあるグループを選択できる、もちろん一人ひとり選んで追加する事も可能です。

LINEスケジュールのやり方

メンバーを選択して「招待」をタップすると、「メッセージ入力」を「送信」画面が出てきます。

メッセージは最初「イベントを作成しました、日程を回答してください」と入っているが、これは編集が可能です、そのまま使っても大丈夫です。

そして「送信」するとLINEのトーク画面の普段のトークの様に現れます。

LINEスケジュールのやり方

回答方法

回答方法は簡単ですが、最初は戸惑う事があるかも、自分が先日使った時もメンバーから回答方法が分かりにくいと言われました。

回答方法は2つあります。
1つはトーク画面に現れたイベントをタップするか、もう1つはノートを開いてイベントを出してタップします。

タップして開くと回答画面になっているので「回答を更新する」をタップすると、日付を「◯、△、✕」で選択して「決定」を押すだけです。

決定を押してもトーク画面に通知が行く訳でもないので、後で何回でも修正できます。

回答がトークに埋もれない

ノートに保存される為、回答が返事以外の会話トークに埋もれる事がないです。

例えば「もり助って何日なら大丈夫だっけ?」とか「もり助って返事したっけ?」とか「もり助って名前笑えね?」とかになって、トークを戻して確認する手間がなくなります。
(もり助:最後のひどくね?)

イベントリスト作成後に沢山トークをしても、誰が返事をしたかノートを開けばすぐに分かるのが便利です。

これから忘年会や新年会などの集まりや、とにかく複数人の日程調整で使ってみてください!

お知らせ

この記事が気に入ってくれたらフォローお願いします。
皆さまにお得な情報をお届け出来る励みになります。
また、フォローして頂くといつでも最新記事が見れます。
少しの空いた時間や、休憩での暇つぶしにどうですか?

この記事をシェアする場合はこちらから出来ます。

フォローの場合はこちらから出来ます、最新記事をチェックしよう!

トップへ戻る