消防団で思う事と10代の頃の鹿児島での思い出。

ある日の夕飯
写真は嫁がいる時の夕食です。

しかし、昨日は仕事の後に消防団の会議があったのと、嫁が夜に用事があり子供もいるので軽く飯を買って帰りました。

今日はふと、色々と考えた日でした。

スポンサーリンク

消防団会議

消防団で思うこと

同僚に事情を説明し、仕事を少し早く上がらせて貰い消防団の会議へ出てきました。

今後の予定をあれこれ決めますが、自分の勤務状況から出れない事が多い為困ります。

消防団は任意の集まりだよね?と会社からもプレッシャーをかけられ消防と口に出すことが難しく、また、家でも子供がいる為に時々問題になります、かと言って誰かがやらないといけないし悩む事が多い。

なんとか頑張るしかない!

懐かしい思い出の夕飯

ある日の夕飯

消防の後は、子供を嫁の母にみてもらってたのですぐに帰らないとです、スーパーで惣菜の残り物を買ってきました。

懐かしいです、こういう夕飯は一人暮らしを思い出します。

僕は高校を卒業して18才の時に鹿児島に行き一人暮らしを始めました。

鹿児島での思い出

それから静岡に帰ってからも一人暮らしで、結婚するまではこういった夕飯が多かった!

鹿児島では会社が使ってない家を紹介してくれて贅沢に一軒家暮らしでした。

しかし、大変に感謝してますが退屈しない家でもありました、ノミだらけのネコが玄関開けて勝手に入ってくるし、トイレは人が入るとドア閉まらない程狭いし、冷蔵庫は何でも凍らせるし、さらに雨漏りがひどく自分で修理しました。
(もり助:直ってないけどね)

もう、鹿児島でお世話になった方々には、10年以上会ってませんが、名前と顔は鮮明に覚えてます。
あの時のメンバーは、ほとんど会社を辞めてしまったと聞いてますが、いつか鹿児島に行ったら会えたらいいなと思ってます。

お知らせ

この記事が気に入ってくれたらフォローお願いします。
皆さまにお得な情報をお届け出来る励みになります。
また、フォローして頂くといつでも最新記事が見れます。
少しの空いた時間や、休憩での暇つぶしにどうですか?

この記事をシェアする場合はこちらから出来ます。

フォローの場合はこちらから出来ます、最新記事をチェックしよう!

トップへ戻る