今年は2回!嬉しすぎる土用の丑の日!

土用の丑の日

先日、7月24日の「土用の丑の日」に、近所のスーパーで鰻のかば焼きを買って来ました!

久々に鰻を食べることになり、夕飯が楽しみです。

しかも今年は、去年1回しかなかった土用の丑の日が2回です!

8月5日にもう一日「土用の丑の日」があるんです!

だんなさん!もう一回、鰻が食べれる口実が出来ます!

もりもりブログへようこそ!
管理人もりもりです。

スポンサーリンク

土用の丑の日ってどういう意味?

そもそも、土用の丑の日とは何なんだろう?

まず土用っていうのが、立春、立夏、立秋、立冬の前18日間の事を言います。

んで、丑ってのが十二支の子(ね)丑(うし)寅(とら)・・・の丑の事。

季節の変わり目の前18日間の内、12日周期で割り当てられている十二支の日の、丑に当たる日を丑の日と言うそうです。

12日周期で土用は18日間ありますから、今年みたいに丑の日が2回ある年もあります!最高です!

うなぎを食べる習慣は夏だけです。

昔から、土用の丑の日は「う」のつく食べ物を食べる習慣があって、今は鰻が定番です。

では、なぜ鰻を食べるの?ウエハースじゃないの!?って話になりますよね!
(もり助;ウエハースはないだろ!)

土用の丑の日

一番有名な話は江戸時代、夏に売れないうなぎ屋が発明家、平賀源内に相談し、当時から丑の日は「う」のつくものを食べてたので、「丑の日はうなぎをたべようぜ!」って感じでPRしたら大ヒット!

それから定番したっていう説です。

ちなみに、今年は7月24日と8月5日が「土用の丑の日」です。

土用の丑の日

嫁がうな丼にしてくれました、最高に美味しいです!

土用の丑の日にうなぎを考案してくれた、先人に感謝ですね!8月5日も食べるしかない!

平賀源内さん、ウエハースじゃなくで、うなぎを選んでくれてありがとう!
(もり助:いや、うなぎ屋の相談にウエハース案は出ないぞ!)

お知らせ

この記事が気に入ってくれたらフォローお願いします。
皆さまにお得な情報をお届け出来る励みになります。
また、フォローして頂くといつでも最新記事が見れます。
少しの空いた時間や、休憩での暇つぶしにどうですか?

この記事をシェアする場合はこちらから出来ます。

フォローの場合はこちらから出来ます、最新記事をチェックしよう!

トップへ戻る