スノーピークのアメニティドームを徹底的に紹介します!

スノーピークアメニティドーム

ファミリーキャンプ用テントとして大成功を収めたテントがあります、それはスノーピーク(snow peak)アメニティドームというテント。

初めてキャンプする人に超おすすめと言える、大ベストセラー品です!

よく、コールマンのヒット作である、「タフワイドドーム」と比べてどっちにしようかな?って迷われている方が多い印象を受けますが、もし迷われている方はこの記事を見たら、まず間違いなくアメニティドームを選ぶと思います!

だってこのテント、知れば知る程すっごいテントなんですよ、今日は詳しく説明します!

スポンサーリンク

アメニティードームの耐水圧っていくつ?

テントを選ぶ時に重要になるのが耐水圧です、誰でも雨漏りテントなんて欲しくないですからね!

耐水圧ですが1800mmミニマム有りますです、ちなみにタフワイドドームは約2000mmとなっています。

あれ?負けてるじゃんと思った方、違いますよ!この約2000mmの約という部分に注目して貰いたい、耐水圧の標記には一般的に平均値を表しますので、部位によっては2000mm以下もあります。

そして、スノーピークは独自標記で◯◯mmミニマムという標記をしており、最低でも1800mmの耐水圧は保証していますって意味なんです、もし一般的なmmに当てはめるなら、実は約3000mmという高い耐水圧を誇っているんですよ!

もし、他サイトでこのアメニティドームを紹介していて、単純に1800mmと紹介していたらそのサイトは信用できないですね、ただ浅い知識で紹介しているだけなので。

ちなみに一般的な傘は500mmですので、3000mmがどのくらい凄いか想像つくと思います。

コストパフォーマンスが実は良いテントだった!

スノーピークと聞くと値段が高いというイメージがあります、それはキャンプを年間50泊以上する様なアクティブユーザーの使用に耐えれる様に作っているため、高性能の良い物はそれなりの値段がするというだけです。

しかし、高性能のアメニティドームは2万円代からある、安くて手に入れやすいテントです、他社の同じ性能の製品だったら5万円以上しますから実はコストパフォーマンスが高い、お得なテントなんです!

それは皆が認めていて、スノーピークの数ある人気ラインナップで一番売れているテントです、なんと年間1万5千万張り以上売れているんです。
これは凄い事で、日本のキャンプマーケット業界の全体売上450億円の約1%をアメニティドームだけで占めているという、とんでもないテントなんです!

しかも2万円代からあるのに永久保証付きですよ!

3種類のサイズから選べる!

サイズはS・M・Lから選べます、各サイズと対応人数は下記を参考にして下さい。

  • サイズS:大人2人と子供1人の高機能で少人数対応型。
  • サイズM:大人2人と子供3人のスタンダードサイズ、一番人気のサイズです!
  • サイズL:大人4人と子供2人の大人数家族向け、ゆとりある大型テント。

もっとも人気が高いのは5人用のサイズMです、特にファミリーテントとして選ぶ方が多いです。

サイズLでは前室に、ローチェア2脚とテーブルが置ける程広く、快適なリビングスペースとしても使えます。

高い耐久性とセンスの良い形が魅力的!

スノーピークアメニティドーム
画像出典:snowpeak
ドームテントでは珍しい背が低くて、丸いシルエットはテントの上を風が流れやすいように計算されてます。

しかも、フレームはアルミニウム合金ジェラルミンと一部で高級素材ジェラルミンを使っていますので、軽量ながら高い耐久性があり、強風などの外的衝撃に非常に強いテントです。

室内が高い一般的なドーム型テントは着替えは楽だが、風が強い日や場所には向かないです、強風でフレームが破損してしまう可能性だってありますが、アメニティドームはその部分がしっかりと対策をしてあります。

どのキャンプ場でもこのテントなら大丈夫という安心感あるのとないのでは、キャンプの楽しみ方に違いが出てきます!

また、出入り口は正面だけでなく、サイドにも大型のパネルがあるので、横からも出入りしやすく、前室のリビングレイアウトの幅が広がります!

もちろん換気システムも高く、ベンチレーター装備で結露を防ぎます。

インナーテント入り口はD型の大型で出入りがラクラクです、また、中にはメッシュポケット付きでタオルやスマホなどの小物入れにとても便利です。

初心者でも設営が簡単なカラーリング仕様

スノーピークアメニティドーム
設営が難しいのでは?と思う方がいましたらそれは間違いです、とてもカンタンに設営出来る用に設計されています。
というのも、テントの設営で一番迷うのは「フレームをどこに通せば良いんだ?」ってトコロですよね。

フレームを通すスリーブにそれぞれ目印となる様に、カラーリングしてあるため迷う事がないんです!
インナーテントとフライシートを固定するバックルにもカラーリングしてある為、難しいフライシートの位置調整もストレスなく出来るように出来ています。

流石は日本人が作ったテントです、大事なところを間違えないようにする対策がしっかりしてあります。

さらに、人気テントだけあって設営方法がすっごく分かりやすい動画も配信されいるので紹介します。
これを見てもらえばいかに、設営が簡単なテントか分かって貰えると思う!

アメニティドームの設営方法動画

アップライトポールセットでさらに広いリビング!

スノーピークアメニティドーム
画像出典:snowpeak
また、別売りのアップライトポールをセットすると、さらに広い前室を作れます。
荷物を少なくしたい方は、タープを別で買わなくてもポールがあれば十分なリビングスペースを確保出来ますよ!

また、時間がなくてタープを立てる時間も削減したいって方もおすすめのやり方です。

メッシュシェルター連結で広くて快適なリビングスペース

スノーピークアメニティドーム
別売りのメッシュシェルターを連結させれば、かなり広くて快適なリビング空間を実現出来ます。
家族で広いリビングでテーブルを囲んで食事したい!嫁が虫が苦手だから、虫が入らないメッシュシェルターが欲しいって方におすすめ!
こちらも、連結方法が動画で分かりやすく説明しているので紹介します。

アメニティドームとメッシュシェルター連結方法動画

もちろん永久保証付き

スノーピークといえば、永久保証という製造上の欠陥が原因の故障は購入後何年先でも無料で修理や交換をやってくれるという神対応をしてくれる事で有名ですね。

スノーピーク会員の半分以上はアメニティドームの使用がキッカケだそうです、つまり、この製品のスペックと保証内容に納得したからこそ、スノーピークユーザーになった人が半分以上も居るんです。

永久保証が付いている完璧な品質を誇るテント、ぜひ!アメニティドームを手に入れてキャンプに出かけましょう!

お知らせ

この記事が気に入ってくれたらフォローお願いします。
皆さまにお得な情報をお届け出来る励みになります。
また、フォローして頂くといつでも最新記事が見れます。
少しの空いた時間や、休憩での暇つぶしにどうですか?

この記事をシェアする場合はこちらから出来ます。

フォローの場合はこちらから出来ます、最新記事をチェックしよう!

トップへ戻る