亜人のあらすじと登場人物紹介

亜人

最近はまっている漫画で「亜人」っていうのを読んでいます。

この「亜人」て漫画がとにかく面白い!

今回は「亜人」の事を紹介しようと思います。

まだ読んだ人や少しだけ読んだ人はネタバレ注意です。

スポンサーリンク

亜人のあらすじ

亜人として国内3人目の認定をされた不死身の高校生・永井圭(ながい けい)が警察、亜人管理委員会、賞金狙いからの逃走劇です。

その中で、別の亜人が人類対し戦闘を開始、永井圭やその他の亜人が巻き込まれていくという話し。

亜人ストーリー

亜人とは?

まず漫画のタイトルにもなっている「亜人」とはなんなのか。

「亜人」は人間では無く新人類の名称です。

初めて発見されたのは17年前のアフリカ、現地で「神の兵」と呼ばれていた兵士でその最大の特徴は「不死身」という事。

どんな死に方をしても蘇り再生し、例え栄養失調で死んでも栄養も作り出して復活するというとんでもない能力を持っている。

そしてIBMという、日本では「別種」「黒い幽霊」と呼ばれる”もう一つの肉体”を出す事が出来る。

また、亜人特有の叫び声は周りにいる人間を金縛り状態にする。
政府はその為、亜人に接触する時は耳栓をしている。

亜人とは?

IBMとは?

透過率100%の見えない未知の物質と推測されており、人型で全身に包帯を巻いている。

亜人以外には見えないが、IBMを出した亜人が殺意などの強い感情を向けると見える事がある。

身体能力は人間と変わらないと言われているが、歯や爪が武器の様になっていて、人間の脳の制約を受けない為に、常に火事場の馬鹿力を引き出せる。
(もりもり:漫画を読むと身体能力がとても同じをは思えないですがね。)

亜人の登場人物

主人公 永井圭(Kei Nagai)

亜人 永井圭

国内3人目の亜人認定者で、医者を志望している高校生。

ある日トラックに正面から轢かれて自分が亜人と気付く。

その日から亜人を研究材料にするために動く政府や賞金稼ぎの人達から追われ、逃走中に帽子の男「佐藤」と出会う。

主人公ですが、はっきり言うけど性格は悪いです!

人の為じゃなく自分の為に周りを騙す、頭脳は優秀だが合理的ですごく冷たい性格。

異常な程IBMが濃く、また、IBM自体が本人の意志とは関係なく動き攻撃する。
他の亜人はIBM発現時間は5分〜10分だが、永井は30分も出せる事から、特別な潜在能力がありそうです。

永井圭のIBM

亜人 永井圭のIBM

永井の友人 海斗(Kaito)

永井圭の友人 海斗

永井の幼なじみ、亜人とバレた永井の逃走をバイクで手助けし、自らの犠牲にしても永井を守ろうとする。

正義感があり熱血漢。

永井圭逃走の一件で刑務所に入れられてしまうが、そこで翼を持つIBMを出す亜人「琴吹武」と出会う。

実は亜人と噂があったが、普通の人間だと思う。

帽子の男 佐藤(Sato)

亜人 佐藤

永井圭に接触してくる亜人で謎の男。

亜人の能力を巧妙に使って戦う、自ら乗っているジャンボ機を墜落させた後、特殊部隊50人と戦闘し勝つという、とんでもない戦闘能力を持つ。

まだ見つかってない亜人の奥山、高橋、ゲンを仲間に入れて人類に戦闘を開始する。

佐藤のIBM

亜人 佐藤のIBM

2人目の亜人 田中功次( Koji Tanaka)

亜人 田中功次

国内2人目の亜人認定者で政府に監禁されて実験体にされていたが、佐藤に助けれれる。

常に佐藤とコンビを組んでいて、佐藤の命令に従う。

銃の腕は上手くない(いつも微妙に外す)。

田中のIBM

亜人 田中功次のIBM

責任者 戸崎 優(Yu Tosaki)

亜人管理委員会 戸崎優

政府側の人間で、厚生労働亜人管理委員会の責任者。

亜人を執拗に追って研究している、また、保険に入っていなかった婚約者の病院代を払っている。

キだがトキと呼ぶと怒られる。

戸崎の秘書 下村泉(Izumi Shimomura)

亜人 下村泉

戸崎の秘書となっているが、実は亜人。

戸崎を「亜人の未知の脅威から命を守る」という契約を結び、政府は亜人とは認識していない。

自身のIBMを「クロちゃん」と呼んでいる、過去の辛い時にIBMに抱きしめてもらっていた事もある。

下村のIBM

亜人 下村泉のIBM

生物物理学者 オグラ・イクヤ博士

生物学者 オグラ・イクヤ

亜人研究トップクラスの地位をもち、亜人本人が知らない事も知っている程の知識がある。

変わり者で、指を落とされてもタバコを吸いたがる。

タバコの銘柄は廃盤のマイルドセブンFK。

4人目の亜人 中野攻(Kou Nakano)

亜人 中野攻

佐藤が集めた未認定の亜人の一人だったが、佐藤の計画には反対し脱走、共に脱走した亜人の消防士に「お前しかいない!」と佐藤を止める様に託され、高層ビルから飛び降りた。

監視カメラの映像から、IBMが見える事が政府にバレて亜人と認定されてしまう。

逃走中に永井圭と接触し行動を共にするようになるが、永井の性格とは正反対でやさしく明るく、その為か永井とは衝突する時がある。

漫画の読んでいると、中野は第二の主人公的な存在になっています。

しかし、IBMはまだ出せない。

もう一人の亜人逃走者 中村慎也(Shinya Nakamura)

亜人 中村慎也

消された事件「中村慎也事件」を起こした張本人。

バイク事故を起こし、自分が亜人と初めて分かる。

覚醒時に16体以上ものIBMを発現(フラッド現象)させて事件を起こし、タクシーにて逃走。

友達思いで今のところ悪いやつでは無い、永井より前に亜人とバレるが、政府に存在を消されている為、一般的には知られていない亜人。

永井圭が亜人と判明する一年前から政府から逃走していて、現在姿を見せておらず、今後は永井圭、中野攻らと合流するのではと僕は予想しています。

中村慎也事件

中村はバイクの事故現場に自分の頭を忘れてしまい、政府に亜人とバレてしまう。

当時の亜人管理委員会の木戸と部下5人に囲まれたが、友人「裕介」が中村を助けようと被弾し死亡してしまう、自らも頭を撃たれるがすぐに復活。

友人の死に中村慎也は怒り、復活時に16体以上ものIBMを発現し、圧倒的な力で委員会の人間を皆殺しにしてしまった。

この事件をきっかけに亜人の「IBM」の能力が判明し、フラッド現象を恐れた政府側も亜人捕獲には麻酔銃を仕様する事になった。

亜人あらすじのまとめ

スクリーンショット 2015-11-01 14.09.02

以上が漫画「亜人」のストーリーと登場人物です。

今後は、佐藤との対決も楽しみですが、永井の自分の冷たい性格も中野との出会いで大きく変わっていくと思っています。

中村慎也の再登場も楽しみですね、佐藤の戦闘能力に立ち向かうには中村の力が必要になるはずです。

それに国内一人目の亜人認定者が誰か分かっていません、一体誰なのか気になります。

海斗が刑務所で出会った翼を持つIBM「琴吹武」の様に、色々なタイプの亜人がいると思います。

世界も含めまだまだ特殊な亜人が登場してくる事は間違いないでしょう!

めっちゃ面白いのでぜひ読んで見て下さい!

スクリーンショット 2015-11-01 16.43.40

亜人劇場版第一部「衝動」

2015年11/27に劇場版第一部が公開されます!

YouTubeの動画です。

お知らせ

この記事が気に入ってくれたらフォローお願いします。
皆さまにお得な情報をお届け出来る励みになります。
また、フォローして頂くといつでも最新記事が見れます。
少しの空いた時間や、休憩での暇つぶしにどうですか?

この記事をシェアする場合はこちらから出来ます。

フォローの場合はこちらから出来ます、最新記事をチェックしよう!

トップへ戻る