恋人と見るおすすめの映画「ニューヨークの恋人」のあらすじと紹介

もうすぐクリスマスですね、好きな人と出かける人も多いと思いますが、部屋でゆっくり映画を見るって人も多いのでは?

クリスマスに限ってではないですが、恋人と見る映画で僕がおすすめと思う映画を紹介します。

それは「ニューヨークの恋人」という映画で2001年公開で大分前の映画では有りますが、名作だと思ってます。

スポンサーリンク

ニューヨークの恋人あらすじ

ニューヨークの恋人あらすじ

最初の舞台は1876年のニューヨーク。

ある日不審な男を見かけたレオポルド公爵(ヒュー・ジャックマン)は、その男を追いかけ一緒にブルックリン・ブリッジから落ちてしまい、現代のニューヨークにタイムスリップしてくる。

そこで出会ったキャリアウーマンのケイト(メグ・ライアン)と出会いお互いに恋に落ちていくって話し。

すっごく簡単なあらすじで失礼しました。

レオポルド公爵の現代では違和感が出てしまう程の紳士さがカッコイイんです!匕ュージャックマンめっちゃ若いし!

また、レオポルド公爵は後のエレベーターの開発者で、彼が開発前に21世紀にタイムスリップしてきたからエレベーターが一斉に故障しちゃうんです。

ニューヨークの恋人あらすじ

また不審な男は、X-MENでヒュー・ジャックマンの兄役リーブ・シュレイバー(X-MENではセイバートゥース役)でここでも共演していたんですね。

ニューヨークの恋人あらすじ

ケイト役はメグ・ライアンです。

ケイトがヒュー・ジャックマンを現代でマーガリンのCMに出すシーンも面白かったです。

19世紀と21世紀の2つのニューヨークを舞台にした恋愛映画、少しSFも入ってますが面白いですよ!

今日の浅イイ話し

ヒュー・ジャックマンのファンです、ハズレの映画が少ないんですよね!

彼が出演した映画「オーストラリア」のドローバー役もめっちゃカッコイイです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. モモ太郎 より:

    こんばんは。モモ太郎です。
    お車の件、その後いかがですか?

    私の方はまだ相手が見つからず結局、自身の保険を使うことになりました。
    相手が見つからなければ次年度の保険料がアップすることになりそうです(TT)

    もりもりさんの車とご家族が早く元気になられることを願ってます。