カセットガス式ランタンの点火方法を説明します。

ガスランタン 点火方法

とても簡単ですので、余分な写真は載せず、必要な写真だけで分かりやすく説明していきたいと思います。

もりもりブログを読んでくれてありがとう!
管理人のもりもり@morimoricampです。

スポンサーリンク

カセットガスのセットから点火までの手順

では、手順①から写真付きで説明していきます。
写真は、ソト(soto)虫の寄りにくいランタンを使用していますが、他のカセットガス式のランタンでも、基本は同じ手順です。

手順①
燃焼部を引き上げて、カセットガスを用意します。

〈写真1〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法〈写真2〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法

手順②
写真3の左に見えるパワーブースターに、カセットガスをそわせながら垂直に押して入れます。
写真4のようにカセットガスの底が個定バネの上にくるまで押し、「ガチャ」という音がすればセットOKです。

〈写真3〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法〈写真4〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法

手順③
写真5のように取手、ヘッドカバー、ハーフスクリーンカラーホヤを取り外して、マントルをセットします。
マントルの大きい穴が下、小さい穴が上になるように、燃焼塔に差し込み円盤状に形を整えるようにセットします。

〈写真5〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法

手順④
マントルを空焼きします。
ライター等でマントルに点火したら、ガスの器具栓つまみを回してガスを出したり、止めたりしてマントルがボール状になるまで燃やします。
全体が白くきれいに焼けたら、器具栓つまみを回してガスを止めてください。
※(ボール状になったマントルは壊れやすいので触ったりしないでください)

〈写真6〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法〈写真7〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法

〈写真8〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法

手順⑤
取り外した取手、ヘッドカバー、ハーフスクリーンカラーホヤを取り付けます。(写真10のように、蚊トリフレクターをセットする場合はホヤの外にセットしてください、向けたい方向の明るさがアップし、市販の蚊取りマットを取り付けられます)

〈写真9〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法〈写真10〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法〈写真11〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法

これで、完了です!
あとは、ランタンスタンド等にセットしたら器具栓つまみを少し回してガスを出し、点火スイッチを押せば点火します。

写真13は先日、静岡県マリンパーク御前崎オートキャンプ場で使用した時の写真です。テントの外の一番明るいランタンがソト(soto)のランタンです。

マリンパーク御前崎オートキャンプ場に初キャンプに来ました!
先日、御前崎に初キャンプに行ってきました。風強いです! morimoricampを読んでくれてありがとう! 管理人のもりもり...

〈写真12〉

IMG_0487

〈写真13〉

ソト(soto)虫の寄りにくいランタン 点火方法

点火すると「ゴォー」という音がなります、電池式には出せないこの音が心地良く、キャンプの雰囲気をより一層高めてくれます!

燃料は経済的で扱いやすいカセットガス式、100均やコンビニ等どこでも売っているので、もし燃料が無くなったり忘れてしまっても調達は簡単です。
とてもかっこ良く、おすすめのランタンです!

お知らせ

この記事が気に入ってくれたらフォローお願いします。
皆さまにお得な情報をお届け出来る励みになります。
また、フォローして頂くといつでも最新記事が見れます。
少しの空いた時間や、休憩での暇つぶしにどうですか?

この記事をシェアする場合はこちらから出来ます。

フォローの場合はこちらから出来ます、最新記事をチェックしよう!

トップへ戻る