嫁が追突事故に合ったので弁護士雇いました!事故のその後続き。

追突事故その後2

追突事故の続きです、事故の事については今回で3記事目になります。

今まで、当サイトを見てくれていた方以外は成り行きが分からないと思うので以下2記事を参考にして下さい。

大事な家族が相手の不注意で交通事故に遭いました。大きな怪我は無かったんですが、僕の気持ちです。
やられました。嫁が追突されました、ちなみに上の画像はイメージです、実際の写真は後で。 状況は相手側が下を向いて運転していて突っ...
せめて同等の車を!追突事故の時の保険会社の定時額に納得出来ない!
日頃このブログを読んでくれている方は状況が分かっていると思いますが、先日、家族が追突されて全損という危険な目に遭いました。 今...

さて、実はあれからまた話が進み、相手(加害者)側の保険会社が支払ってくれる保険金額が決定になりました。
今回もなかなか色々有りましたよ。
Photo credit: Philippe Put via VisualHunt.com / CC BY-NC

スポンサーリンク

弁護士に事故の交渉を依頼

「台車が1月29日まで分しか払えません。」

相手の保険会社が提示する台車の使用期限が迫ってくるのでまた交渉しました。

事故で体が痛くて動きづらく、色々大変な中で一ヶ月にも満たない期間しか台車貸せないって短すぎない?

元気な状態でも新たに車を買うって事はすぐに決定出来ないよね、色々考えるよね。

それに保険金額が低いから納得出来ないって言っても「検討します」の返答から、実際の返事は2〜3日後って話進まないじゃん!

あっという間に期限くるよ!話が難航しそうなので、こっちの弁護士特約を使って弁護士を雇い金額と台車の期間延長の交渉に入りました。

追突事故その後2Photo via Visual Hunt

そして数日後、弁護士からの電話が来て「67万9千円保険金で下りる事になりました、どうですか?」と返事が来たんです、当初の保険金提示金額は60万でしたから7万9千円上がりましたね。
ですが、その時の我が家(と言うか僕)の返事は「まだ納得出来ない!」と答えました。

理由ですが、その時廃車にされた車をネットで調べたら同等の中古車が約70万位で売られていましたから、たしかに約平均金額を提示してきたんですね。

でもまだ貰える保険金の方が平均より安いじゃん!もう少しで命を奪われそうな思いをして平均の相場より安いなんて納得出来ん!て事です。

弁護士から「台車の延長を無くせばもっと交渉し易いかも」と言われましたが、「それはダメです、そもそも台車の期間短すぎです、台車延長は別でもっと交渉してください!めちゃ期待してます!」と伝えました(5分以上弁護士に頑張れ期待してる的な事を話した)。

そして嫁が見つけてきた同等の中古車70万円で売られているの情報サイトが役立てばと、そのサイト情報を伝え電話を終了。

追突事故その後2Photo credit: ona (diospordios) via Visual hunt / CC BY
次に返事が来たのはたしか2日後だったかな?弁護士から電話で「今回70万円まで交渉出来ました、新たに車購入の諸費用も請求出来る部分もあるので約75万円請求出来る」との事。
情報として伝えたサイトも交渉で使ってくれたそうです。

ここで「それでお願いします!」と返事をしました、同等の中古車の平均相場には届きましたので。

それに、保険金額は年式等で決まっている為、最初に提示された保険金60万円からあまり引き上げられないと知っていたし被害者側で悔しいからとあまり粘ると裁判って事にもなり、過去の裁判実績からこちらがまず負けると言われていたので・・・。

さて、台車の延長の件ですが、2月10日まで延長される事で決定しました!
それも理由があるんですよね、実は購入する車も決定したんです、何を買ったかというと・・。

追突事故その後2出典:DAIHATSU

そう!ダイハツの軽自動車「あんちゃん!」・・・じゃなかった、「ウェイク」です!

ウェイクの納車日が2月10日近くになりそうなので、弁護士が交渉して10日まで延長となりました。

我が家が廃車にされた車は「タント」でした、そこで候補に上がっていたのは「N−BOX」「タント」でしたが、たまたま寄ったダイハツにウェイクの良い中古車(新古車)があり嫁が一目惚れ!

僕も見に行きましたが、条件が良いと考え購入となりました。ダイハツでもめっちゃ値段交渉!!最近こればっかな気がする・・・。

嫁はもう呆れて「決めてよ!」と言われました。ここでは保険金の時の悔しいという感情が無かったので楽しい時間でした。

新古車という事で同等以上の車なので保険金だけでは買えませんが、廃車にされた事をキッカケに新車の購入も考えていて2人が納得する良い車が見つかって良かったです。

ちなみに、50万以上保険金が出る場合は、新車を買う方が多いそうです。

ダイハツ「ウェイク」を試乗した感想

追突事故その後2出典:DAIHATSU

ウェイクを見て試乗した感想ですが、もう軽自動車という概念をすっ飛ばされましたね!

なんせ大きくて広い!「これ軽じゃない、ミニバンじゃん!」という感じがしました。
メインカーとして使っている家族の方も多いそうですが、納得です。

それにアウトドア用に便利って感じで押してる車で、当サイト「morimoricamp(もりもりキャンプ)」管理人の僕も気に入りました。

今回まだ全て終了ではないですが、やっと一段落が付きました。

気にして当サイトを見てくれたかた有り難うございます!

納車の事とか今後のコトも書きたいと考えてますので、また読んでくれると嬉しいです。ではまた!

追突事故その後2

お知らせ

この記事が気に入ってくれたらフォローお願いします。
皆さまにお得な情報をお届け出来る励みになります。
また、フォローして頂くといつでも最新記事が見れます。
少しの空いた時間や、休憩での暇つぶしにどうですか?

この記事をシェアする場合はこちらから出来ます。

フォローの場合はこちらから出来ます、最新記事をチェックしよう!

トップへ戻る